• ならや本舗へのアクセス TOCビル3F五反田より無料バス有り
  • ご注文・お問い合わせはこちら

ならや本舗の日常日記

2012年3月29日 木曜日

お問い合わせの多い内容 紙編

こんにちは。
今回は、紙についてお問い合わせの多い内容を
2点ほどお話します。


一番多い質問は
「○○という紙はありますか?」というものですが
半紙や条幅(半切や全紙など)は
実は、お店ごとに名前をつけているんです。
なので、同じ紙でもお店によって
名前が違うこともあるんです。

当店では、お使いの紙(書き損じでOK)を拝見して
似ている紙をご案内してます。
墨の吸い込み具合や表面の滑り具合など
作られてからの時間によっても変わってくるので
似ているものを探せないこともしばしば・・・。
でも、出来るだけ近いものをご案内しますので
ご安心くださいね。


次に多い質問が
「紙が曲がってるんですけど・・・」というものです。
お電話やご来店時などに、お話だけを伺っても
把握できないことがあるので
実際の紙を持ってきていただく、あるいは送っていただくように
お願いをしています。
届いた紙を拝見すると・・・
ちゃんと四隅がほぼ90度でサイズも足りている。
どこが曲がってるんだろうと思ってお尋ねすると
「ここが曲がってるじゃない?」と
漉き目が斜めに見えることを指摘されました。
この件につきましては、ズバリ申し上げると
曲がってるとは言わないんです。

漉き目は、製造上つくものでなので
それを目安に書くためのものではないんですね。
中には、漉き目が斜めではないものもありますが
裁断する作業は人の手と目でされているので
斜めのものが大半です。


書道用品を販売する上で
疑問に思うことが多々あります。
皆で考えていてもわからないことも出てきます。
そんなとき、工場の担当者さんへ質問して
解決できるようにしています。
その質問内容が製造上のことまでに至ると
担当者さんも諦めたように
色々と細かいことまで詳しく教えてくれるんです^^;
私たちは困らせ上手なんですね~w
でも、納得いかないことは知りたいですし
知り得たことをお客様に説明できれば
納得してお買い物していただけるので
工場に嫌われてもいいんです^^;


道具のことならなんでも知ってるプロを目指して
日々精進です。
はぁ~。書道は奥が深すぎる・・・。

今回の担当は、松澤でした。

このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東京にある書道用品専門店ならや本舗