• ならや本舗へのアクセス TOCビル3F五反田より無料バス有り
  • ご注文・お問い合わせはこちら

ならや本舗の日常日記

2012年9月15日 土曜日

ギフトショーに行って参りました^^ 其の壱

こんにちは。
ちょっとブログ更新をサボってしまい
失礼いたしました。

去る9月7日に東京ビッグサイトで開催された
第74回ギフトショーへ行って参りました。

メーカーや卸問屋から小売店まで
仕入れたいものを探すための見本市です。
残念ながら一般の方は入れません。

届いた案内状と名刺を受付で提出して
入館章みたいなもの(首から掛けるタイプ)を受け取ります。
会場がいくつかに分かれているんですが
その入館章がしっかり見えないと入れてくれません。

会場に入るとすごい人混みで、
7日は最終日だったので余計にすごかったようです。

大阪でも開催されていますが
東京ほど混雑はしないそうです。
大手玩具メーカーや大手コンビニなどの
仕入担当者なども来ているし、
出展側もいろんなメーカーがあって
入館証の名前や出展ブースの社名を見ているだけで楽しいです。

といっても、楽しんでばかりもいられません^^;
面白そうな商品を探さねば。

まずはすでに取引のあるメーカーのブースへ移動。
歩くのも大変なくらいの人混みなので
ちょっとの移動でもかなりの時間を要します。
やっとブースに到着して、新商品などを説明してもらい
ひと通り話が終わると、次のブースへ移動します。
そんな感じであっという間に時間が過ぎてしまい、
気がつけば15時になっていて
慌てて会場内で買ったサンドウィッチをいただきました^^
食事をしながら案内図とにらめっこをして
面白そうなブースに目星をつけて移動します。

普段見ることのない商品はじっくり観察して
仕事に関係なくても面白そうなものがあると
商品の説明を聞かせてもらったりします。

最近のギフトショーは毎回色々なテーマを決めて
そのテーマに添った商品を出品しているところが多いようです。
ここ数年は「ジャパンモダン」が人気でした。
今年からは「がんばれニッポン」を掲げて
職人さんの手作り品など
「伝統的なものづくり」をメインに
売り出しているところが増えたように思います。

この「伝統的なものづくり」は
紙や筆など、「ならや」にも関連しているんですよね。
安い海外製品に押されて産業が小さくなってしまう中、
技術を守るためには後継者を育てなくてはならないし、
また、新しいものなどを作ってPRしていかなければならない。
メーカーさんたちも必死です。


昨年のギフトショーは震災の影響で
出展社数が激減し、人出も少なかったんです。
1年ぶりに出展したというところもあったようで
昨年分を取り返すつもりで
元気に声を出して頑張っているところもありました。
そんな中をじっくり見ていたら
震災で被災した雄勝硯のメーカーさんが出ていました。

長くなったので、この続きは後日「ギフトショーに行って参りました^^其の弐」で...

今回の担当は、南(佐)でした。
(松澤から南(佐)に名前が変わりました。理由はご想像にお任せします^^)



このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東京にある書道用品専門店ならや本舗