• ならや本舗へのアクセス TOCビル3F五反田より無料バス有り
  • ご注文・お問い合わせはこちら

ならや本舗の日常日記

2013年9月 2日 月曜日

「第21回臨書と自由書作品展」搬入に行ってきました!

ご無沙汰しております。
更新せずに申し訳ありません・・・。

秋の展覧会シーズンで作品づくりに悩まれている方も多いのではないでしょうか?
紙と向かい、黙々と書くのも大切ですが、展覧会に出かけるというのも、
作品づくりのヒントになることがあります。

今回は、「児童の書を考える会」の搬入に行って参りました。
毎年ご依頼いただいている団体なのですが、
書体は自由、色も自由に創作しているので
見ていて楽しく、自分も書いてみたくなるような楽しい展覧会です。

場所は東京・池袋の東京芸術劇場です。



この入り口の垂れ幕を見ると
今年も来たなぁ~、頑張らなきゃ! と実感します。

会場の壁面をめいっぱい使ってのびのび飾りました!






カラフルな作品が多く、会場内はとっても明るいです^^


その中に、群馬県の富岡製糸工場の世界文化遺産登録を目指す
藤岡市長さんや小学校の校長先生、その小学校の生徒さんの作品が。
「桑」や「糸」といった製糸工場イメージした文字を様々な書体、大きさ
色で書いて、世界遺産登録のPRをしています。





この会の主宰の先生と当社の副社長の出身が偶然にも群馬県なのも何かの縁ですね。
世界遺産に登録されれば、また世界から日本の文化が注目される機会が増えますね!


会場は池袋駅からすぐですので、お買い物ついでに是非お出かけください!!

第21回 臨書と自由書作品展
東京芸術劇場 5階 展示ギャラリー2 にて
9月2日(月)~9月8日(日)
午前10時~午後6時(最終日は午後4時まで)





このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東京にある書道用品専門店ならや本舗