• ならや本舗へのアクセス TOCビル3F五反田より無料バス有り
  • ご注文・お問い合わせはこちら

ならや本舗の日常日記

2019年12月 5日 木曜日

2019年末謝恩BIGセール始まりました!

こんにちは。
東京は、急に寒くなり秋を感じずに冬に突入した感じです。
季節がひとつ減った気がして寂しいです。

さて、毎年恒例「年末謝恩BIGセール」が始まりました。
今回の目玉商品は 画仙紙「禅悦」です。
だいぶ前から販売しておりますが、これがなかなかの人気者なんです。
滲みは出過ぎずなさ過ぎずほどほどで、かすれも程よく出てくれます。
しっかり墨を吸い込んでくれるので、墨色もしっかり出せます。
ただし、半切と全紙は漉きたてホヤホヤなので
滲みが強く出ます。
半年~1年寝かせて頂くか、墨の濃さや量をうまく調整してお使いくださいね。

そして、ここからが隠れた目玉商品のご紹介・・・
知る人ぞ知る 筆「玉兎毫 大・小」です。
かなの細字を書く方はご存じかもしれませんが
関東地方で玉毛を使う方はなかなか少ないです。

玉毛とは、猫の毛のことをいいます。
猫を飼っている方は「絶対に嫌」と言われますが
この書き味を知ってしまったら他の毛が使えない
という声もちらほらあるんです。



ご覧のように、かな用の筆としてはズングリムックリですが、
穂先5mmの鋭さがとにかくすごい。
毛質は一般的な鼬毛の細筆より柔らかいですが、しっかりとまとまりがあり
穂先の先の先まで使えるので、細い線がしっかりと書けるんです。
しかも、細いだけじゃなく太く書くことも可能。
筆圧をかければホワっとした太線が書けるので
古筆の「元永本古今集」とか「粘葉本和漢朗詠集」などの
太い字や細い字、具引加工の強いザラザラの紙でも
これ1本で書けちゃいます。
かななのに柔らかい線が出せない、という方にもおすすめです。

また、しばらく使っていると穂先がすり減ってしまって
細い線が書けなくなりますね。
そしたら今度は漢字細字を書いてみてください。
玉兎毫なら案外書けます。
写経や古筆の「楽毅論」などの文字くらいならちょうど良いかもしれません。
本当に使えなくなるまで無駄が無く、結構長く使えると思います。

隠れた逸品が大・小セットで超特価。
お友達と分けてもいいですね。
期間限定価格です。

その他にも色々な商品がございます。
セール期間は12月5日(木)から12月20日(金)までです。
(ちなみに年内の営業は12月29日(日)までです)
くわしくはこちらをクリックしてご覧下さい。
早くも残り僅かの商品もございます。お早めにどうぞ。
ご注文お待ちしております。

今回の担当は、南(佐)でした。






このエントリーをはてなブックマークに追加

投稿者 東京にある書道用品専門店ならや本舗

カレンダー

2020年2月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29