額・軸装

額- Frame -
書籍のイメージ

書き上がった作品や頂いた作品などを飾るために仕立てることを表装といいます。
表装には、掛け軸タイプの軸装や、額縁に入れる額装、巻物に仕立てる巻子仕立て、屏風に貼り込む仕立てなどがあります。
掛ける場所やお好みに合わせて完全オーダーとなります。
また、古いものを仕立て直すことも承っております。
通常は大きな鉄板のようなもので加熱しながらプレスする仕立て方法となりますが、大事な作品や将来は仕立て直したい作品などは昔ながらの手作業の仕立て方法もございます。
お仕立て内容によって、お値段に差が出ますので、まずはお見積もりから。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際は、作品サイズをお知らせください。

四體千字文(日本書学館)のイメージ

作品を額縁に入れることを額装といいます。
作品よりも大きなサイズに入れることで、広がりを持たせて作品を引き立てます。
また、大きなサイズの場合は作品ぴったりのサイズで仕立てることもあります。
縁の材質や形、色などによって作品のイメージが変わります。
額縁の種類によっては作品を入れ替えることも可能です。
規格サイズの額に入れる場合と作品に合わせて完全オーダーの額に入れる場合と選べます。
お気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際は作品サイズをお知らせください。


ならや本舗商品の購入方法はこちら

ならや本舗の商品の購入方法は、こちらをご覧ください。

四體千字文(日本書学館)のイメージ

掛け軸に仕立てることを軸装といいます。
軸装には、布で仕立てる本表装と、紙で仕立てる仮表装があります。
昔ながらの丸表装や三段表装はもちろんのこと、最近ではモダンな切り替えなどが入るデザイン表装が人気です。
また、お寺に納めるなどの場合は仏表装もございます。
掛ける場所や雰囲気、家具の色などに合わせてご提案し、お仕立てします。
本表装の場合は布のクラスと色、お仕立て方法をお選びいただきます。
仮表装の場合は紙のクラスと色をお選びいただきます。
軸装は作品に合わせて完全オーダーとなります。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。
なお、お問い合わせの際は作品サイズをお知らせください。



ならや本舗商品の購入方法はこちら

ならや本舗の商品の購入方法は、こちらをご覧ください。

仕立て方法

表装にも種類がございます。
額装・軸装の他に、巻物にする巻子仕立て、屏風に貼り込む屏風仕立て、現代風なタペストリー風軸装仕立てなど、ご要望に合わせてお仕立てすることが出来ます。
また、古い軸を仕立て直すことも承っております。
詳しくはお気軽にお問い合わせください。