篆刻用品

篆刻用品- Seal engraving tool-
書籍のイメージ

篆刻とは、書道や水墨画などで使用する、石のハンコを彫ることをいいます。
四角や丸、楕円など様々な形があり、また、石の種類も数種類ございます。篆刻でできた印を雅印ともいい、認印や銀行印とは違った趣のある印に仕上げることが多いようです。
そのため、枠をあえて欠いて余白をつくったり、文字を寄せて彫ったり、文字の形をアレンジして彫ったりします。
文字は篆書という昔の文字を使うことがほとんどですが、絵手紙などの作品に合わせたものや海外の方の名前を彫る場合は現代の文字やカタカナなども用いられます。
石は中国産の青田(せいでん)石、巴林(ぱりん)石、寿山(じゅざん)石などが主流で、硬さもそれぞれに特徴があります。
石に彫るための刀も、篆刻用のものがございます。彫刻刀よりも刃に厚みがあり、その厚みを利用してざっくりとした線を彫ることも可能です。
彫る際に印面を整える耐水のヤスリ(紙のものやセラミックなどがあります)、彫りやすいように固定する印床(いんしょう)、石につきやすい朱肉の印泥(いんでい)、篆刻作品を押すための印箋(または印譜帳)など、様々な道具が用意されています。
また、彫る文字は篆刻字典などの字典を使い、それを裏文字にして彫ります。
最低限必要なものというのがございますので、不明な点はお気軽にお問い合わせください。

印材

四體千字文(日本書学館)のイメージ

印材には中国産の石を使うことがほとんどです。
種類は、青田石・巴林石・寿山石などが主流です。
それぞれ採掘された土地の名前が石の名前となっていますが、現在はほとんど採掘されておらず、過去に採掘した中から整形して日本へ送られてきています。
質の変動が大きいため、石質の似たようなものを採掘し、名前を変えずに送られてくることも増えました。
また、ヒビの入った石も多く、そのヒビを埋めて表面を綺麗に磨いて高く見せているものあり、実際に彫ってみないとわからない場合が多く見られますので、彫る方がご自分の目で確かめて選んで購入することをお勧めします。
ご注文いただく際は、石選びを一任いただきますようお願い申し上げます。

ならや本舗商品の購入方法はこちら

ならや本舗の商品の購入方法は、こちらをご覧ください。

青田石

中国の青田地方で採掘された石です。
蝋石のような緑系の色が特徴で、石質は柔らかく、初心者でも彫りやすいタイプです。
現在は採掘しきっており、流通しているほとんどが過去に作られたものです。
採掘にはダイナマイトが使用されたため、目では見えにくいヒビが入っていることが多いようです。
石質にムラの無いものが良質とされ、透明感のあるものほど高価なものになります。
通常は100円程度からのお手頃価格のものがほとんどですが、良質なものは数万円するものまであります。
最近では、綺麗に着色されたものや合成樹脂で似せて作られたものも多く流通しているため、購入時には気をつけなければならない点もあります。

巴林石・新巴林石

中国の巴林地方で採掘された石です。
まだらな色が特徴で、石質は柔らかすぎず固すぎず、初心者~ベテランまで彫りやすいタイプです。
現在は新巴林石として、違う地域で採掘されたものが流通されており、彫り心地は大差ないように感じます。
石質にムラの無いものが良質とされ、白っぽく透明感のあるものほど高価なものになります。
通常は200円程度からのお手頃価格のものがほとんどですが、良質なものは数万円するものまであります。
ヒビは青田石に比べ少なめですが、注意が必要です。

印刀

四體千字文(日本書学館)のイメージ

印刀は、篆刻をする際に使用します。
彫刻刀に比べ、刃の厚みがあり、硬いものへの耐久性もあります。
鉄の棒を切って尖らせたものから、刀と同様に鋼を入れて作られたものまで様々な種類があります。
使用していると刃先が甘くなりますので、その場合は砥石で研ぎながら使用します。
刃の幅も多様で、狭いもので3mm、太いもので1cmまでが主流です。
形も、彫刻刀の平刀の形をしたもの、切り出し刀の形をしたもの、四角錐の側款用(側面に印などを彫ったりするもの)などがあります。
用途や作風に合わせてお選びください。
なお、刃先は大変鋭くなっておりますので怪我にご注意ください。

ならや本舗商品の購入方法はこちら

ならや本舗の商品の購入方法は、こちらをご覧ください。

一般向印刀

一般的には彫る石のサイズに合わせてお選びいただくと使いやすいと思われます。
人気なサイズは3mm、5mmですが、粗い線や広い面を彫る場合は6mmも人気です。6mm以上のサイズになると厚みもありますが、角を使用すれば細い線も表現できます。
中国産の印刀だと、比較的安価で作りも丁寧ななものがございます。
 

学生向印刀

授業で使用するだけでしたら、中国産の安価なタイプがお勧めです。
以前に比べ、サイズも豊富になりました。
ご予算に合わせてお選びください。